学習塾FCオーナー募集/学習塾社員募集/塾講師募集 学習塾・名学館 看護師・理学療法士募集 訪問看護リハビリステーション・ヒューマンケア

資料請求・お問い合わせはこちら

社員の声

私たちと一緒に、夢を追いかけましょう!名学館の先輩たちのメッセージをご覧ください。

取締役 小口 政嘉フランチャイズ事業部 部長
戦略経営企画室 室長 
取締役 小口 政嘉

Q入社のきっかけは?
今の日本において、「教育」の重要性は増していくばかりです。その「教育」対し、誰よりも“人間教育の重要性”を熱く語られていたのが佐藤代表です。倫理、道徳の大切さを理念とする名学館に賛同でき、まさに軸は常にそこにあると感じ、入社を決意しました。
Q現在の仕事内容は?
経営マネジメント全般です。
主にはフランチャイズ事業を展開していく本部機能を充実すること。また常に強固な本部を構築していくため、日々業務に取り組んでいます。同時に会社全体の経営数値を把握し、新規事業へも積極的に取り組んでいます。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
“経営”という観点を常に意識し、様々な業務に携わることができます。仕事のダイナミズムを大いに感じることができます。 フランチャイズの加盟検討されている方との出会いは、様々な方と知り合う機会となり人の“縁”を感じます。
Q仕事の難しさを感じることは?
いい意味で、広くマネジメントを実行させて頂いておりますので、期待される結果と成果が常に求められますから、気を抜けませんね。
Q将来の夢を教えてください
個人なのか企業としてなのか、それはわかりませんが、経験してきたすべてを自分自身が関わる地域の皆様のために、故郷のために、家族のために、社員・同僚のためにサービスを通じて貢献したいですね。
Q社員を目指す方へのメッセージ
名学館では、1人の人間に満足して頂くために、愛情あふれた環境を提供していくことが強く求められます。そのためには、今後の日本が抱える課題「教育」、「医療」、「介護」に目を向け、高い志をもち、私たちと一緒になって“人のため”になるビジネスを展開して行きたい方をお待ちしています。

 

教育事業部 進学指導部門 取締役 次長 名嘉 勇教育事業部 進学指導部門 
取締役 次長 名嘉 勇

Q入社のきっかけは?
サッカースクールなどでの指導歴や飲食店でのアルバイト経験を通じて、人と接する仕事がしたかったこと。そして教育業界に興味があったことで、就職活動中に未経験ながら学習塾に勤務することを決意しました。
Q現在の仕事内容は?
名学館EXCEL梶ヶ谷駅前本部校、中野島駅前校の校舎長として、現場で生徒募集、授業を中心に業務を行っています。また、次長職として名学館EXCEL全体の管理をしています。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
一番は、現場で生徒と触れ合うことです。生徒が成長していくことが実感できること。毎日笑いの絶えない校舎で、生徒と一緒に自分も成長していると感じられることです。また、卒業して社会に出ても訪ねてくれる生徒と触れ合えるのは、とてもうれしいです。
Q仕事の難しさを感じることは?
生徒一人ひとりの力を引き出すために、それぞれに違いがあることを考えながらも全員をまとめていくこと。そして、先生と呼ばれる立場で、どんなときも生徒の前ではしっかりとした「先生」でいることです。
Q将来の夢を教えてください
諸先輩から受け継いできた今の校舎を、しっかり後の世代に残すこと。独立開業して、社長になること。精一杯働いて、引退後は思いっきり好きなことをやって生涯を全うすることですね。
Q社員を目指す方へのメッセージ
自分の城を持って、自分の責任ですべてを行うことは、とても大変な仕事に思えるかもしれません。ただ、経験した苦労と得られる喜びは、絶対に比例します。一生懸命がんばることで、10年たっても新鮮な感動に出会える仕事だと思います。これを見ている皆さんは、教育業界にご興味があるのだと思います。生徒と触れ合うなかで、どうか夢を見つけてください。その夢を実現させる強い意思がもてたのなら、絶対に成功できます。がんばってください。

 

医療介護事業部 畑邉 淳一医療介護事業部 
畑邉 淳一

Q入社のきっかけは?
佐藤代表とお話しする機会があり、高度な教育を受けられない社会的弱者のために教育を提供するという基本理念に沿って、現在まで事業展開されてきたことを伺いました。そして、教育を受けたお子さんや親御さんの満足な笑顔を見ることが一番の幸せだと熱く語られた代表に惹かれたのが大きな理由です。私自身も、社会のため人のためという前提のもと、意義のある仕事をしたいと考えていたので、佐藤代表のもとであればそれが叶うと思い、お願いをして入社させていただきました。
Q現在の仕事内容は?
名学館の新規事業として、訪問看護事業を担当しています。新規事業ですので、事務所の選定、求人採用、顧客獲得(営業)、運営管理、人材管理等々すべてを自分の役割として進めています。今後の売上管理、および目標達成は私の至上命題です。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
新規事業としてゼロからのスタートで、それを自分自身で一つ一つ作り上げていく楽しさがあります。その楽しさの中には、色々と問題や困難が出てくることもあるとは思いますが、それを解決しつつ目指すものを皆で作り上げていく楽しみもあります。最終的には、それが人のためになり喜ばれることが私自身の一番の楽しみであり、やりがいであると考えています。
Q仕事の難しさを感じることは?
いかに私の中のやりがいを達成しつつ、結果を出すかということだと思っています。結果とは、言わずと知れた事業体としての利益です。事業として実施するからには、利益を出さなければいくら頑張ったとしても、継続して運営していくことはできません。一番の難しさは、いかに当事者意識を持ち、人に喜ばれる事業を継続して運営させていくことができるかだと考えています。
Q将来の夢を教えてください
名学館の主要な事業として、医療・介護部門を確立させたいと思っています。取りかかりは「訪問看護事業」から入りますが、それを急ぎ確立し、その後、病院・診療所、さらには介護事業所の運営を行うことで、お客様や地域医療に関わる機関の方々に喜ばれるサービスを提供していきたいと思います。
Q社員を目指す方へのメッセージ
名学館では、代表を筆頭に、役員・職員みんなが仕事に情熱を持って取り組んでいます。自分自身を成長させたい、新しいことにチャレンジしたいと思う方はぜひ、名学館の門を叩いてほしいと思います。名学館の発展を、一緒に支えていく仲間を待っています。

 

フランチャイズ事業部 野﨑 匡智フランチャイズ事業部
研修担当・スーパーバイザー
(現任) 日本の将来を考える神奈川教師の集い 会長
(現任) 民間教育推進政治連盟 総本部幹事長
(現任) 日本教育者倶楽部 事務局長
かながわ民間教育協会 青少年非行防止部会長 (初代)
野﨑 匡智

Q入社のきっかけは?
学生時代から学習塾講師のアルバイトをしておりました。また、父は公立小学校の教員で、母は私学の本部職員でしたので、私自身が教育に関わる仕事をするのは当然のことと考えております。
私は医療業界におり、大学卒業後、病院に勤務しておりました。しかし、私が10人の患者さんを診るよりも、私が10人の学生を育て、彼ら、彼女らが100人の患者さんを診る方が将来のためになると考え、進学塾に転職しました。その後、ご縁がありまして、佐藤代表にお世話になることとなりました。
Q現在の仕事内容は?
SVとして、校舎運営業務を円滑に進められるよう、チラシやホームページなど広告宣伝媒体の準備や充実、各種情報提供、運営のアドバイスが中心です。同時に各校舎からまいります種々の相談にのらせていただいております。
他には年に3回、エリアごとに開催するオーナー・塾長・教室長・講師対象の勉強会や全国大会の運営、東京ディズニーランド遠足やサマースクールなどの各種イベントの運営・準備を担当しております。
これとは別に、新たに塾長・教室長に就任される方にはOff-JT研修を担当しています。
また、本部は総合受付としての機能も有していますので、お問い合わせやクレーム対応などの業務も行っています。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
どの業態でも言えることですが、「ありがとう」の一言を賜るのが喜びを感じる時です。「人のためにより良く生きる」という弊社代表の言葉を実践すべく、私は日々心がけております。現場のみなさまが困っている時、悩んでいる時、前向きに行動しようとする時の一助となれば、幸甚です。
Q仕事の難しさを感じることは?
地域特性や、各校舎の責任者の経験年数により、同じことでも伝え方を変える必要があります。わかりやすくご案内することも大事ですし、必要なものを必要なタイミングで提供することも重要であると考えています。縁あってご一緒に名学館という看板を背負って日々子どもたちのため、保護者様たちのために頑張っている訳ですから、お互いに満足できるよう、一つひとつ妥協せずに完遂することが重要であり、これが難しさでもあります。
Q将来の夢を教えてください
名学館の存在しない地域が、日本国内にはまだたくさんあります。また、海外にも目を向ける必要があります。みなさまのご家庭の近くに名学館を1校舎でも多く設置することにより、一人でも多くの子どもたちをお手伝いしたいですね。
Q社員を目指す方へのメッセージ
名学館グループには様々な職種があります。自己の幸せだけを思い、日々努力することに終始せず、半ばは他人の幸せを思い、感謝されることに喜びを感じられるのであれば、サービス業で生活を営むことが出来るのではないでしょうか。
学習塾は教育サービス業というカテゴリーに入ります。通常のサービス業は、サービスの提供を受けた方ご自身が恩恵を受けますが、学習塾は異なります。通ってくださるお子様だけではなく、そのご家族も間接的にサービスを受けることになります。また、お子様一人ひとりが異なる目的で通塾されます。10人の子どもがいれば、10通りのサービスを提供することになります。
この努力を厭わない方ならば、ぜひとも名学館グループで一緒に頑張ってまいりましょう。ヤル気・元気・本気の方、お待ちしております。
株式会社 名学館ホールディングス © Meigakukan Holdings Co.,Ltd. ALL right reserved.
このページの先頭へ