学習塾FCオーナー募集/学習塾社員募集/塾講師募集 学習塾・名学館 看護師・理学療法士募集 訪問看護リハビリステーション・ヒューマンケア 
障がい者グループホーム・ふくろうテラス

資料請求・お問い合わせはこちら

社員の声

私たちと一緒に、夢を追いかけましょう!名学館の先輩たちのメッセージをご覧ください。

岩切真由美 
岩切 真由美

Q入社のきっかけは?
元々、学生時代に他学習塾の講師を丸4年間していた経験があり、別職種を社会人として経験した上で、やはり子供たちとかかわる仕事がしたいと思い、名学館の生徒に対して「わかりませんは大歓迎!」や人として子供たちを成長させようという考えに心惹かれ入社させて頂きました。
Q現在の仕事内容は?
愛知県内・名学館直営校の教室長として担当しています。
内容は教室運営管理、入塾カウンセリング、保護者面談、生徒面談などを中心に日々行っております。それ以外にも、受験指導や入試説明会など教務的な業務も担当しております。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
十人十色、百人百色といったように、一人として同じ生徒、保護者はおりませんので、様々な角度から生徒の成長を促すこと、そして、私自身も日々刺激を受けて成長しなければいけないこと、さらには多くの生徒達が卒業して校舎へ挨拶しに来てくれることが一番の喜びであり、やりがいと感じております。
Q仕事の難しさを感じることは?
人対人の仕事であるので、そこが楽しみでもある反面、一番の難しさであるかと思います。
Q将来の夢を教えてください
一人でも多くの人に名学館に通って頂き、卒業して大人になってもいつでも帰ってこれるような校舎づくりを日々していきたいと思います。
Q社員を目指す方へのメッセージ
様々なチャレンジのできる会社です。自分を成長させたい、チャレンジしたいと思う方に是非来て頂きたいと思います。自身の為だけでなく子供たちの将来の為に一緒に働いてくれる人をお待ち致しております。

 

渡邊 一 
渡邊 一

Q入社のきっかけは?
大学生の頃、塾講師としてアルバイトをしていた時に、声をかけていただいたことがきっかけです。
当時は、塾講師として、社員の方たちが働いている姿を拝見し、「楽しく仕事をしている」ことが非常に魅力的に見えました。
また、教育に携わる仕事に就きたい、という願いもあり、名学館ホールディングスの一員として入社することを決意しました。
Q現在の仕事内容は?
教育部門と福祉事業部門を担当しています。
教育部門では、自分のやってきた塾講師としての経験をもとに、教室のマネジメントを中心として業務をしています。
福祉事業部門は、障がい者グループホームを運営していますので、新規入居者様の受け入れや関係各所との連携、その他従業員の管理等を行っています。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
一見、全く関わりのないような部門の両立に見えますが、どちらも共通する部分は多くあります。
どちらも根本としては、「人と関わる業務」であることがまず一番として挙げられます。
教育部門で学んだ経験を福祉事業部門で活かし、福祉事業部門で学んだ経験を教育部門で活かすことは、両部門を理解し、両立をしていることでしかできないことだと感じています。
Q仕事の難しさを感じることは?
教育部門、福祉事業部門を両立していくに伴い、どちらも中途半端な結果になることがないよう、常に気を抜かずに業務を進めています。
その中でより質の良いサービスを提供していきたいと思っています。
Q将来の夢を教えてください
今後も「人と関わる業務」を続けていきたいという願いがあります。
名学館ホールディングスの一員として、経験をしてきた事を活かし、より多くの人や社会、全ての人たちに貢献をしていきたいと思います。
Q社員を目指す方へのメッセージ
名学館では、みな自分の業務に責任を持ち、そこに情熱をもって取り組んでいます。
自分の可能性を広げたい方、新たな分野に挑戦をしたい方、社会への貢献をより肌で感じたい方たちを我々はお待ちしています。

 

加藤 綾那 
加藤 綾那

Q入社のきっかけは?
大学時代に名学館で講師としてアルバイトをしていたことがきっかけです。多くの生徒を指導し、入塾から卒塾までの成長を間近で見ていく過程で、未来ある子どもたちのために、今後もより身近な存在でありたいと思うようになりました。このような想いと同じように「人間教育」を理念として掲げている名学館で働くことは、私にとって自然な流れであり、入社を決めました。
Q現在の仕事内容は?
校舎の責任者として、教室の運営や講師の管理、生徒数や売上の確認、生徒や保護者の対応などを行っています。
特に、幼児〜小・中学生向けのレッスンコミュニティである名学館キッズに関しては、イベントに参加するなどして集客に力を入れています。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
志望校に合格したといった言葉は勿論とても嬉しいですし、その連鎖としてお友達・ご兄弟紹介で新しい生徒が入り、入塾から合格へと導くといったプロセスには毎年やりがいを感じています。
また、卒業した生徒が数年後に近況報告をくれたり、塾での日々を懐かしむように話す姿を見ると、その子の大事な分岐点に関わることができてよかったと強く思います。
Q仕事の難しさを感じることは?
”塾に通う=成績を上げる”この等式は当たり前ですが、自分の力だけで1人の生徒の成績アップへ結びつけることは極めて難しいです。何が苦手なのか、どのような指導が必要なのかを一人一人の生徒に応じて綿密に練り、現場で教えている先生達や保護者の方と共有していく必要があります。全員の想いを同じ方向に向けていくことが、校舎運営の基本であり、難しいことでもあると実感しています。
Q将来の夢を教えてください
様々な情報が飛び交う現代の中で、自分を見失う子や進むべき道をどのように決めるか分からなくなる子も出てくるかもしれません。塾は勉強する環境ではありますが、勉強するだけの場所ではありません。名学館では特に人との関わり方や礼儀や挨拶、人生相談といった多くのことを経験できます。居場所として「名学館に行く」といった選択肢を持つ子を1人でも増やしていくことが課題でもあり夢でもあります。
Q社員を目指す方へのメッセージ
名学館には想いを持って仕事に取り組んでいる仲間が多く存在します。目まぐるしく変化していく世の中において自分の軸を持ち続けることは大変ですが、その大変さがやりがいや誰かのためとして開花する可能性が名学館には充分にあります。新しい仲間と会えることを私も楽しみにしています。

 

町田 友里 
町田 友里

Q入社のきっかけは?
前職も訪問看護ステーションで事業所責任者を担当していました。試行錯誤のマネジメントをしている中で、私はビジネスの薄い表面的な知識しか持っておらず、真の実践知を全く持っていないと気づきました。そんな中で、ゼロから新規事業を作る経験をしてみたいと思い、入社しました。
Q現在の仕事内容は?
訪問看護事業で訪問看護リハビリステーションの運営をしています。訪問看護とは病気や障がいを持った方が、住み慣れた地域でその人らしく療養生活を送ることができるように看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が医師の指示のもと、生活の場へ訪問し支援するサービスです。その中で「訪問の質の向上」の視点と「事業の効率化」の視点で、収支計画、人材採用教育、労務管理、診療報酬算定、広報、情報システムの運用といった業務を担当しております。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
地域の多職種とともに、個人ではなくチームでご利用者・家族の選択に寄り添うことができたと思えたときにやりがいを感じます。訪問の現場の中で、人は治らない病気や障害があっても、自分の人生を肯定できる価値観と、自分で選択した生き方のために必要な生活環境・サービスがあれば幸せに生きていけるということをご利用者から教わりました。私たちは一人では出来ないことも多いですが、多職種の方々と共にチームで顔の見える繋がりを持ち、その方に寄り添うケア・リハの提供をしていきたいと考えています。
Q仕事の難しさを感じることは?
地域課題(在宅療養生活)の解決と利益追求(看護・リハの持続可能性)の両立を目指すことです。地域課題を解決することと利益を追求することは、トレードオフの関係にあるのも確かです。ただ、これからの企業はベクトルの異なる二つの目標を同時に満たさなければいけないので難易度は高いです。
Q将来の夢を教えてください
将来こうなりたいという具体的な夢はありませんが、最終的には「誰かの『何かしたい』を実現できる人」になりたいと思っています。そのためには多様な人と働く必要がありますし、圧倒的に能力・経験値が足りないという自覚があります。これからも多様な業界やバックグランドの人と、交流し学んでいきたいと思っています。
Q社員を目指す方へのメッセージ
それぞれが自分の役割や成長実感を認識して働ける組織作りを心掛けています。困難な課題にチャレンジするためには、リーダーシップを発揮し、人を巻き込んでいける方が必要です。更なるパワーアップを目指して、理念に共感していただける方に力を貸してもらえると嬉しいです。

 

山岸 心 
山岸 心

Q入社のきっかけは?
障がい者グループホーム「ふくろうテラス」のホームページの入居者さんの写真を見たときに、とても楽しそうな笑顔で映っていたので、こんな素敵な笑顔を引き出せるグループホームで働きたいと思ったことがきっかけです。代表にお会いし、お話をさせていただいた際にふくろうテラスの入居者さんのことを家族だと仰っていた言葉を聞き、私もその一員となり働きたいと思いました。
Q現在の仕事内容は?
入居者さんに直接かかわる業務として、生活の支援や、通院支援、役所の手続き対応や、お小遣い管理、お悩みなどの傾聴、計画作成、関連機関との連携や会議への参加をしています。その他に各機関への挨拶、シフト作成、在庫管理なども行っています。
Q仕事のやりがいは、どこにありますか?
イベントをしたときに入居者の皆さんが笑顔で楽しそうにしている姿を見たり、ずっとふくろうテラスで暮らしたいとお話してくださったとき、いつもありがとうと素敵な言葉を頂いたときにやりがいを感じ、より良いホームになるよう努めようと思います。
Q仕事の難しさを感じることは?
自分の気持ちを言葉にすることが難しい入居者さんが沢山います。その方たちの思いをどれだけ正確に引き出し、汲み取り、誤解のないように現場のスタッフにどう伝えるか。人と人の心をつなげていく仕事なので信頼を勝ち得ていくことに難しさと同時にやりがいも感じています。
Q将来の夢を教えてください
「ふくろうテラス」を福祉業界で何となく聞いたことがあるグループホームではなく、よく聞くグループホーム、知っているグループホームになるようにしていくこと、入居者の皆さんの楽しい思い出を今以上に作っていくことです。
Q社員を目指す方へのメッセージ
常に新しいことに挑戦し続ける会社だと思います。常に新しいことに挑戦し続ける会社だからこそ、学び続けていくことができ、挑戦してみたいことは背中を押してもらえる会社です。学び続け、自分を磨き続けたい方、会社の発展のため一緒に挑戦し続けていける方をお待ちしています。

 

ライバルは昨日の自分だ。


株式会社 名学館ホールディングス © Meigakukan Holdings Co.,Ltd. ALL right reserved.
このページの先頭へ