【2024年】不登校の中学生向け通信教育おすすめ7選と口コミを紹介!

不登校の中学生向け通信教育おすすめ7選と口コミを紹介!出席扱いとなる条件や選び方も解説

本ページはプロモーションが含まれています

 

「不登校の中学生が勉強できる通信教育を知りたいけど、おすすめが分からない」
「出席扱いになる不登校の中学生向け通信教育を知りたい」

日本の文部科学省では、令和元年に不登校の児童が通信教育を通じて出席扱いとなる「出席扱い制度」を発表しました。

ただ通信教育は種類が多いので、不登校の中学生にどこを通わせるべきか迷う親御さんも多いでしょう。

そこで今回は、不登校の中学生向け通信教育を厳選してご紹介します。

実際に利用した人の口コミも紹介するので、子供に合った通信教育を見つけてください。

不登校の学習におすすめ!「すらら」はお子様に合わせて勉強できる

すららは、不登校の中学生のお子様の勉強を支えるタブレット学習教材です。

まなぶをサポートする最先端学習システムで、日本教育現場の約2,500校の塾や学校で導入されています。

すららの基本情報
対応教科 国語・算数・英語・理科・社会
料金 月額8,228円〜
教材のレベル 一人一人の理解度に合わせてICT教材
学習方法 タブレット学習
1日の学習時間
運営会社の信頼性 2019年日本経済新聞「伸びる会社MIDDLE200」に選出
ワンポイントメモ 学習サポート体制が充実しているサポート体制

他の通信教材では国語・数学のみの無学年学習ですが、すららは5教科すべてに無学年学習が適用されます。

お子様に合わせて、理科や社会といった他の通信教育で学びにくい能力も伸ばしやすく、不登校のお子様におすすめなんです。

すららでは、公式サイトからアンケートに答えるだけで無料教材を体験することができます。

まずは一度、下記公式HPから体験してみてください。

\無学年方式の通信教育/

まずは無料体験!
すららの公式HPをみる

すららの公式サイト
https://jukusurala.jp

中学生におすすめの通信教育は下記の記事でまとめています。
【2024年2月】中学生向け通信教育のおすすめランキング!目的別に人気教材を紹介
独自アンケートの調査概要
スクロールできます
調査概要項目
調査方法Webアンケート調査(クラウドワークス)
調査地域全国
対象者中学生で不登校のお子様に対し
通信教育を利用したことがある人
調査期間2023年12月
目次

不登校の中学生向け通信教育おすすめ7選と口コミを紹介!

不登校の中学生向けのおすすめ通信教育を、以下の一覧表にまとめました。

※タップで詳細ページにスクロールします。

スクロールできます
スクール名入会金月額料金目安学習形式
すらら7,700円〜8,228円〜タブレット、PC
進研ゼミ無料6,400円〜専用タブレット、テキスト
サブスタ無料7,900円~タブレット、スマートフォン、PC
スマイルゼミ無料7,480円〜専用タブレット
Z会無料2,023円〜タブレット、テキスト
デキタス無料4,400円タブレット、スマートフォン、PC
スタディサプリ無料1,815円〜タブレット、スマートフォン、PC

※表示価格はすべて税込です。

サービスの特徴や学習方法を確認して、子供が興味を持てる通信教育を選びましょう。

【すらら】無学年方式で不登校生徒の出席認定300人以上!


(出典:すらら公式HP

すららは、該当学年の範囲に縛られず自身のペースで学習できる無学年方式の通信教育です。
AIを利用したさかのぼり学習があり、弱点を的確に改善できるので効率よく勉強できます。

また質問機能を使ってコーチに疑問を聞けるため、分からないことがあっても挫折せずに継続的な学習が可能です。

保護者へチャットでヒアリングするサポートも充実しており、親が悩みがちな教育方法などの課題も解決できます。

不登校生徒の自宅学習を出席認定に導いた実績が累計300人以上あるので、親子ともに安心して利用できるでしょう。

入会金小中・中高5教科コース:7,700円
小中・中高3教科コース:11,000円
諸費用
コース【3教科コース】
小中コース:小学1年生〜中学3年生の国語・数学・英語を学習
中高コース:中学1年生〜高校3年生の国語・数学・英語を学習
【5教科コース】
小中コース:小学1年生〜中学3年生の国語・数学・理科・社会・英語を学習
中高コース:中学1年生〜高校3年生の国語・数学・理科・社会・英語を学習
料金3教科コース:1ヶ月8,228円〜
5教科コース:1ヶ月10,428円〜
学習形式タブレット、PC
無料体験あり

※表示価格はすべて税込です。

【独自調査】実際のユーザーからの口コミ

【口コミ調査概要】
調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:中学生で不登校のお子様に対し通信教育を利用したことがある人
調査期間:2023年12月

基礎から攻略するもので応用まで段階的に学べたから満足できた。利用料金も安かった。

landblueさん

無学年方式の通信教育!
すららの
公式サイトをみる

すららの公式サイト
https://jukusurala.jp

【進研ゼミ】学習スタイルを紙とタブレットの2種類から選べる

進研ゼミ公式サイト

(出典:進研ゼミ中学講座公式HP)

進研ゼミは、学習スタイルを自身の好みに合わせて選べる通信教育です。

タブレットではAIを活用した弱点を補う効率的な学習ができ、テキストでは基礎から応用まで広範囲を学べます。

質問ができるオンラインライブ授業や個別添削の赤ペン先生も利用できるので、分からないところを解決しながら学習可能です。

追加料金なしで電子書籍約1,000冊を読めるため、読書好きな中学生にも適しているでしょう。

入会金無料
諸費用チャレンジパッドサポートサービス360円/月
コース【中学1年・2年】
スタンダードコース:基礎を確実に固める
ハイレベルコース:難関高校合格を目指す
【中学3年】
受験総合コース:基礎から解ける力を伸ばして標準の高校合格を目指す
難関挑戦コース:難問まで解ける力をつけて難関高校合格を目指す
最難関挑戦コース:思考力とスピードをつけて最難関高校を目指す
料金ハイブリットスタイル(専用タブレット):1ヶ月6,990円〜
オリジナルスタイル(テキスト):1ヶ月6,400円〜
学習形式専用タブレット、テキスト
無料体験あり(無料体験教材)

※表示価格はすべて税込です。

【独自調査】実際のユーザーからの口コミ

【口コミ調査概要】
調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:中学生で不登校のお子様に対し通信教育を利用したことがある人
調査期間:2023年12月

納得できる価格で良かった。プログラムが良くて、やる気が出てよかったです。自然と学習習慣がつくので良いです。

匿名Sさん

良かった点としては学習教材の種類が豊富で完成度も高く、コストパフォーマンスがよいこと。また地域の学校に合わせた教材を用意しているので便利だと思った。

匿名Uさん

自分のペースで進められる、休んで理解が乏しい科目も、復習、予習できる点は満足。

ここはよく出る!という、的を絞った定期テスト対策などは一から教科書を見直す必要もなく大変助かる。

匿名Aさん

学習スタイルを自分の好みで選べる!
進研ゼミ中学講座の
公式サイトをみる

進研ゼミが気になる方は以下記事も併せてご確認ください。
進研ゼミ中学講座の口コミはこちら!

【サブスタ】おうち学習のプロが立てた効率的な計画で学べる



(出典:サブスタ公式HP)

サブスタはプロの学習アドバイザーが子供1人ひとりに合わせて作った計画に基づいて、効率的に勉強できる通信教育です。

学習計画は1ヶ月ごとに見直しするため、都度修正することで遠回りな勉強をすることがありません。

文部科学省が定める不登校生徒の出席扱い要件を満たしているサービスなので、安心して利用できます。

つまずいた問題があっても赤ペンと音声で解説してもらえるため、着実に学習レベルをアップできるでしょう。

入会金無料
諸費用
コース中学生向けプラン:学習ヒアリング、計画表の作成、主要5教科の授業映像、問題演習、解答解説
料金1ヶ月7,900円
学習形式タブレット、スマートフォン、PC
無料体験あり(14日間全額返金保証)

※表示価格はすべて税込です。

まずは無料体験から!
サブスタの
公式サイトをみる

【スマイルゼミ】9教科をカバーして幅広く学習できる

スマイルゼミ公式サイト

(出典:スマイルゼミ公式サイト)

スマイルゼミは、音楽など実技4教科を含めた9教科を幅広く勉強できる通信教育です。

内申点で重視される実技4教科の問題を約3,300問収録し、重要用語は一問一答で暗記できるため総合力がアップします。
すべての解答データを蓄積・分析した自身専用の苦手対策講座があるので、無駄なく勉強可能です。

学校名を入力すれば自動的に教科書が選択されるため、在籍している中学校と同様の授業内容を勉強できるでしょう。

入会金無料
諸費用専用タブレット代 10,978円、あんしんサポートパック330円/月
コース標準クラス:実技4教科を含めた9教科を学習
特進クラス:難関高校合格を目指した学習
料金中学準備講座(小学6年生):1ヶ月7,480円~
中学1年生:1ヶ月8,580円〜
中学2年生: 1ヶ月9,680円〜
学習形式専用タブレット
無料体験あり(14日間全額返金保証)

※表示価格はすべて税込です。

【独自調査】実際のユーザーからの口コミ

【口コミ調査概要】
調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:中学生で不登校のお子様に対し通信教育を利用したことがある人
調査期間:2023年12月

うちは不登校だったので、少しでも楽しんでできる学習の機会が欲しかったので利用しました。 現在、学校に行けない子どもでも、気軽に楽しめるので、気になるならお試しでやってみても良いと思います。

匿名Yさん

9教科の幅広い学習ができる!
スマイルゼミの
公式サイトをみる

もっとスマイルゼミの口コミを知りたい方は以下記事をご覧ください。
スマイルゼミの口コミはこちら!

【Z会】AI演習で徹底的な個人指導を受けられる

Z会公式サイト

(出典:Z会公式HP)

Z会は、志望校合格率96.7%を誇る通信教育です。

タブレットコース・テキストコースの2種類を準備しており、子供の性格や通信環境に合わせて学習方法を選択できます。

タブレットコースは弱点を補えるAI演習とプロによる添削で、徹底的な個別指導を受けることが可能です。
テキストコースでは考えて書く学習によって、すぐに身につかない記述力・応用力を習得できます。

他教材よりもやや難しめなので、難関校に挑戦する人はZ会を利用してみてください。

入会金無料
諸費用専用タブレット代 24,900円、あんしんサポートパック200円/月
コース中学生タブレットコース:中学3年分の単元から添削とAI演習で学習
中学生テキストコース:良質な問題と個別指導で基礎から応用まで学習
料金【中学生タブレットコース】
5教科セット:1ヶ月8,115円〜
単科受講:1ヶ月2,023円〜
【中学生テキストコース】
5教科セット:1ヶ月10,740円〜
単科受講:1ヶ月2,448円〜
学習形式タブレット、テキスト
無料体験なし

※表示価格はすべて税込です。

Z会の口コミ

不登校中の息子の過ごし方。
Z会の通信と漢字練習と算数ドリルを計画を立ててやってる。好きな科目は理科と社会と総合。これらは、90分程度で終わってしまうので、ゲームとEテレ高校講座(地学/地理がお気に入り)視聴、読書もしてるらしい。
好きな勉強を好きなだけできるって、楽しいね! 

出典:https://twitter.com/frost_columns/status/1005993808318754817

学校行きたく病をおして登校したけど、コロナ対策で学校に行く楽しみが全部なくなったらしい。
コロナ感染が怖いから行きたくないって言う。
また不登校に逆戻り。
でも毎日算数特訓も楽しそうにやってるし、Z会で5教科勉強できるし、悪くないかも。
LaQでエヴァ作ってるし!

出典:https://twitter.com/qhqpx4BdKnbAiEi/status/1433278229243068418

志望合格率96.7%!
Z会の
公式サイトをみる

Z会の中学生向けタブレットコースに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。
Z会の中学生向けタブレットコースの詳細はコチラ!

【デキタス】特典やアバターなど子供向けのコンテンツが充実している

デキタス公式サイト

(出典:デキタス公式HP)

デキタスは学習ポイントを貯めると景品やアバターなどに交換できるなど、子供のモチベーションを維持するコンテンツが充実している通信教育。

学習する世界観がゲームに近いので、毎日楽しい気持ちで勉強に取り組めます。
月額料金は5,000円以下とリーズナブルなため、経済的にも継続しやすいサービスです。

さまざまな子供を難関大学へ導いてきた城南進学研究社が提供しており、効率的に勉強できます。

学校の教科書に対応した内容の授業を受けられるため、基礎力をアップできるでしょう。

入会金無料
諸費用
コース中学生:国語・数学・英語・理科・地理・歴史・公民を学習
料金1ヶ月4,400円
学習形式タブレット、スマートフォン、PC
無料体験あり(5日間)

※表示価格はすべて税込です。

デキタスの口コミ

今日、娘の塾で面談がある為娘の成績表を引っ張ってきたついでに、息子のもよくよく見てみた。
欠席日数が思いの外少なくて(4〜6月で26日)デキタスを出席条件分やっていたことが結構大きいのだなと。
実際は入学式含めて5日も出てない。

出典:https://twitter.com/kikukikuzou/status/1553494462680416256

デキタス入会した🎉
なにより息子がハマった
勉強したら自分のアバターを変えられる
字を書くのが苦手なので、書かなくても勉強できる
親がついていなくても、自分で勉強しやすい
デキタ(ポイントみたいなもの)が貯まるのが楽しい
だそうです

出典:https://twitter.com/g48wPLDiUV3Yn1m/status/1453553005677060098

月々5,000円~とリーズナブル!
デキタスの
公式サイトをみる

【スタディサプリ】料金が安いので継続して利用しやすい

スタディサプリ中学生lp

(出典:スタディサプリ中学講座公式HP)

スタディサプリは、月額料金2,000円程度とリーズナブルで継続的に利用しやすい通信教育です。

厳選された講師による要点を絞った授業は1回5分程度と短時間で済むため、集中するのが苦手な子供でも気軽に勉強できます。

不得意な箇所を繰り返して復習するミッション機能などの学習サポートも利用できるので、効率的に勉強できるでしょう。

学習時間などを保護者に報告するメールが届ため、子供の具体的な学習状況を把握できるのもメリットです。

入会金無料
諸費用
コースベーシックコース:映像授業・授業テキスト
個別指導コース:映像授業・授業テキストに加えてコーチによる指導
料金ベーシックコース:1ヶ月1,815円〜
個別指導コース:1ヶ月10,780円
学習形式タブレット、スマートフォン、PC
無料体験あり(14日間)

※表示価格はすべて税込です。

スタディサプリの口コミ

長女が、英会話→ギターと来てなんとスタディサプリやりたい!って言い出した😳
ドラゴン桜を観てからだけど😅
2週間お試し無料で、継続しても月払いにしたので、いつやめても大丈夫👍
それにしても、小4~中3まで戻り学習も先取り学習もできるのすごい。

出典:https://twitter.com/NAOKO11692185/status/1395755324619911172

リクルートのスタディサプリが良さそう。不登校の子供に与えてみたら食いついた。学ぶ意欲がないのではなく、学校に行ったり集団行動したりが苦手なだけなのだ。小学校から大学受験までどれを視聴してもいいというのも魅力みたい。中高一貫校は普通と進度が違うけど、そこも対応できるし。

出典:https://twitter.com/ss1q8q/status/969225134375559170?

コスパ◎!
スタディサプリの
公式サイトをみる

不登校の中学生が通信教育で出席扱いになる条件

不登校の中学生が通信教育で出席扱いになる条件は、以下の7つです。

  1. 保護者と学校との間に十分な連携・協力関係が保たれていること
  2. ICT(コンピュータやインターネット、遠隔教育システムなど)や郵送、FAXなどを活用して提供される学習活動であること
  3. 訪問等による対面指導が適切に行われることを前提とすること
  4. 学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること
  5. 校長は対面指導や学習活動の状況等について、十分に把握すること
  6. 基本的に学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であること。
  7. 学習の計画や内容がその学校の教育課程に照らし適切と判断される場合であること

出典:出欠の取り扱いについて

教育課程に沿った通信教育での計画的な学習は、学校側が把握していれば出席扱いとなります。

出席扱いにするには学校との連携が必要不可欠なため、通信教育の申込前に学校側へ十分に相談しましょう。

通信教育のすららは、保護者へチャットでヒアリングするサポートも充実しており、不登校生徒の自宅学習を出席認定に導いた実績が累計300人以上あるのでおすすめです。

無学年方式の通信教育!
すららの
公式サイトをみる

すららの公式サイト
https://jukusurala.jp

不登校の中学生にはどんな勉強方法がおすすめ?

不登校の中学生の勉強方法は、以下の通りです。

対面に限らずオンラインなど勉強する方法はさまざまあるので、子供に合ったサービスや施設を選びましょう。

市販教材や教科書で自主学習

市販教材などでの自主学習は受講料や指導料がかからずリーズナブルに済むので、教育費を抑えたい方におすすめです。

分からないところに応えてくれる講師がいないため、学びを深められない可能性があることに注意しましょう。

インターネットなどを使って、疑問や分からないところを自力で解決できる子供にもおすすめ。

学習計画などを自身で決定・管理するので、学ぶことに対する主体性を育みながら取り組めるでしょう。

添削指導やタブレット学習を中心とした通信教育

タブレット学習などを使った通信制の学習方法は自由な時間に取り組めるので、海外に住んでいる人や自身のペースで学習に取り組みたい子供におすすめです。

映像授業は5~10分程度の場合が多いため、集中力の続かない子供でもすきま時間に勉強できます。

質問に対する回答方法やスピードはサービスによって異なので、事前によく調べてから申し込んでください。

タブレット学習では学習履歴から効率的に弱点強化をできるため、短時間でテストの点数アップを期待できるでしょう。

自宅でマンツーマン指導を受けられる家庭教師

家庭教師の指導による学習は自宅で子供のレベルに合わせて勉強ができるので、細かく丁寧なサポートを受けたい子供におすすめです。

校舎に通う必要がないため、移動時間をかけず他人の目を気にせずに勉強できます。
丁寧で高品質な指導を受けられる一方、費用が高額になり継続的に利用できない場合があるので注意してください。

塾の授業についていけるか不安な子供や、自宅で勉強を完結させたい子供におすすめです。

講師と一緒に机に向かって勉強するので、学習習慣も身につけられるでしょう。

個別もしくは集団で学習できる塾

学習塾に通うと仲間やライバルがいることでモチベーションを維持しやすいため、1人では勉強に取り組めない子供におすすめです。

学校に近い学習環境が整っており、不登校の中学生でも通学しているような感覚を味わえます。
入学金や授業料・テキスト代・交通費などが発生するので、トータル費用が高額になる傾向があるので注意してください。

受験などに精通しているため、最新情報を活用しながら試験や資格対策ができるのも魅力です。

不登校生徒向けのサポートも受けられる教育支援センター

市町村の教育委員会が設置する教育支援センターは不登校向けの無料教育機関なので、費用をかけずに勉強させたい方におすすめです。

教員免許を持ったスタッフが多いため、子供に寄り添った分かりやすい授業を受けられます。

学校との連携が充実しており出席扱いになりやすい傾向にあるので安心して通学可能。
相談・カウンセリングができる施設が多いため、学校へ戻るきっかけもつかめるでしょう。

ただし自宅の近くに施設がない場合もあり、気軽に通えない可能性があるので注意が必要です。

柔軟な活動ができるフリースクール

フリースクールでは独自プログラムを通して多面的な学びを得られるので、幅広い体験をしたい子供におすすめです。

不登校について知識やノウハウがあるため、親と子供それぞれの立場から相談ができます。

学校と連携するなど、要件を満たせば学校の出席扱いとできるケースもあります。

子供にとっての居場所ともなるので、安心感を持って勉強できるでしょう。

フリースクールの方針と子供が合わないと、継続して利用するのが難しいので十分検討してください。

不登校の中学生向け通信教育の選び方

不登校の中学生向けの通信教育の選び方は、以下の通りです。

子供の楽しさや学びやすさはもちろん、保護者の負担も考えながら選びましょう。

タブレット学習を選ぶ

タブレット学習はゲーム感覚で勉強できるので、勉強嫌いの子供でも気軽に始められます。

AIを搭載しているサービスが多く、自身の弱みに気づけるため時間をかけずに点数を伸ばすことが可能です。

専用ペンを使って書きながら学習できるため、紙での学習方法と同じ効果を期待できます。

勉強時間などのデータも確認できるので、保護者も安心して見守れるでしょう。

勉強以外のインターネットやアプリも使用でき、勉強に集中できないこともあるので注意してください。

中学生向けのタブレット学習については以下の記事で解説しています。
中学生向けおすすめタブレット学習はコチラ!

実績のあるサービスを選ぶ

不登校の子供を出席扱いにした実績が豊富な通信教育を選べば、子供の自宅学習を出席扱いにできる可能性が高まります。

計画的な学習計画などが要件となっているため、要件を満たす通信教育は結果的に学力アップ可能です。

不登校について知識やノウハウのあるサービスを選ぶと、学校復帰にもつながるでしょう。

出席扱いにできるかどうかの判断は学校によって異なるので、必ず事前に学校側と相談してからサービスを選ぶようにしてください。

子供のレベルに合った難易度を選ぶ

子供のレベルに合った教材や通信教育から始めると、徐々に理解できるようになり自己肯定感を高められます。

難易度が高すぎると問題を解けずにモチベーションが下がるため、勉強に対するやる気を失いかねません。
さかのぼり学習できる通信教育も多いので、復習もかねて習い終わったところから始めるのがおすすめです。

勉強が続くか心配な場合は、学習ポイントを貯めて景品などに応募できるサービスを選んで継続する習慣を身につけましょう。

続けやすい価格帯を選ぶ

続けやすい価格帯を選べば、継続して利用できるので学力アップにつながります。

月額料金だけではなく、入会金やタブレットを購入する諸費用などを含めてトータル金額で決めてください。

単科で受講できる通信教育もあるので、苦手教科のみを受講すればリーズナブルに済ませられます。

無料体験ができる通信教育が多いため、体験後の意見を参考に子供に合ったサービスを選びましょう。

不登校の中学生の通信教育に関するよくある質問

不登校の中学生が通信教育を検討する際によくある質問をまとめました。

当事者も保護者の方も、ぜひチェックしてみてください。

不登校中の勉強はどうしてる?

不登校になっても、今は複数の勉強方法があります。

  • 自主学習
  • 通信教育
  • 家庭教師
  • フリースクール
  • 教育支援センター(適応指導教室)

お子様によって、自分に適した勉強の環境はさまざまです。

学校に行かなくても勉強する方法はいくらでもあるので、実際に色々試してみるのがいいでしょう。

中でも通信教育は、無料体験が充実していたり不特定多数の人と関わることもないので、自分のペースで勉強することができますよ。

中学生で不登校になると高校はどうなる?

中学生で不登校になっても、高校受験を受けることは可能です。

しかし受験の際には内申点も評価の対象となるので、不利と言わざるを得ません。

進学先の選択肢を増やすなら、先に紹介した通信教育を出席扱いにする方法を活用するのがいいでしょう。

学校によっては、受験の点数を重視している高校や、不登校でも通いやすい高校もあるのでぜひ調べてみてください。

通信制高校を進学先に選ぶのも、一つの手ですよ。

通信制高校は誰でも入れる?

通信制高校は、満15歳以上で中学校を卒業または卒業見込みの人なら誰でも受験することができます

全日制高校と比べて合格する確率は極めて高く、余程のことがない限り落ちることはないと言われています。

通信制高校は、自分のペースで勉強しながら高卒資格を取れるため不登校の中学生に人気の進学先です

働きながら学校に通う人や、事情により高校に通えなかった年配の人が通信制高校に通うケースもあります。
いろんな人がいるので、中学時代不登校だったとしても受け入れてもらえる土壌がしっかりあると思っていいでしょう。

不登校の中学生は通信教育を活用して自宅学習を充実させよう

不登校の中学生向けの通信教育は、学習支援や保護者向けサポートを用意していのも魅力です。

短期間では学力向上を見込めないため、子供の意見を尊重しながら継続して利用できるサービスを選びましょう。

無料体験などでサービスを体感すると、子供のレベルに合った通信教育を選定可能です。

当記事で不登校の中学生向け通信教育をチェックして、自宅学習を充実させてください。

無学年方式の通信教育!
すららの
公式サイトをみる

すららの公式サイト
https://jukusurala.jp

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次